アトピー体質ならお風呂に入る時に一工夫加えよう

刺激の排除がポイントです

女の人

アトピーの場合、お風呂に入ってしまうと、痒みが増してしまうので、湯船に入らずにシャワーだけで済ませることも多いかもしれません。けれど、アトピー体質の人は、日頃から塗り薬を使用していることも多いので、シャワーだけで済ませず、湯船に浸かる方がお勧めになります。お風呂に入る際には、温度と水質の二点に気を付ければ、ある程度、痒みも抑えられる筈です。お風呂の温度が高いと、血行が良くなり、痒みが増しますから、普段から熱めのお湯が好きな人は注意が必要です。湯船の温度はもちろん、使用するシャワーも熱くなり過ぎない様に設定するのがポイントになります。また、蛇口から出てくるお湯や水には塩素が含まれていますから、そのまま使うのではなく、出来るだけ除去して利用することも大切です。湯船のお湯には、塩素を除去するようなタイプの入浴剤を活用し、シャワーには、シャワーヘッドを利用するといった工夫をするだけでも違いがある筈です。アトピーの場合は、肌に刺激を与えないことが大切になりますから、刺激となってしまう要素を出来るだけ排除することがポイントになります。シャンプーやコンディショナー、ボディソープをはじめ、体を洗うタオルまで、お風呂で利用するものは刺激が少なく、肌に優しいものを選んでいるか、もう一度見直してみるのも良いかもしれません。また、長時間の入浴は、肌を乾燥させ、痒みを引き起こしてしまいますから、アトピーの場合には避けた方が無難と言えます。