アトピー体質ならお風呂に入る時に一工夫加えよう

入浴で肌を清潔に

女性

前に塗った成分を洗い流す

アトピーの方は症状を緩和するために、ステロイド系の塗り薬を使うことがあります。但し、ステロイドは、前に塗ったものの油分が残っていると新しい成分の効果が発揮できないと言われています。それ故、寝る前には肌を清潔にする必要があり、お風呂に入ることが大切になるわけです。その際には、カラスの行水にするのではなく、念入りに前に塗った分を落とす必要があります。同時に、日焼け止めとしてクリームや化粧品を塗った場合も、落とすのを忘れないようにすることが肝心です。アトピー性皮膚炎の原因の一つとして、皮膚上の黄色ブドウ球菌の増殖が挙げられます。そして入浴によりそれらが抑えられます。アトピーの方が入浴する際には、お湯の温度は肌を刺激しない程度に抑える必要があります。お風呂の温度が高すぎると、肌への刺激が強まり、炎症やかゆみが増す原因になるからです。通常は、温度設定は38?40度が適切だと言われています。そして、お風呂に浸かる時間は、最低でも10分間は必要になり、肌に残っているステロイド成分が溶けて排出されることになります。また、お風呂にゆっくり浸かることで、心身ともにリラックスすることが出来ます。それによって、自律神経が整えられ、アトピー反応を緩和することにつながると言えます。また、身体を洗う石鹸やシャンプーにも注意が必要で、無添加・無香料の敏感肌用が望ましくなっています。洗う際には、炎症の強い部分から優しく洗い、泡が残らないよう洗い流すようにします。