アトピー体質ならお風呂に入る時に一工夫加えよう

刺激の排除がポイントです

アトピーで痒みが酷いと、お風呂に入るのも億劫かもしれません。けれど、温度と水質の二点に気を付けてあげれば、ある程度、痒みも抑えられる筈です。肌へ刺激となってしまう要素を少しでも減らすことがポイントになります。

潤いを補充しよう

アトピー改善を目指すのであれば、お風呂の時間に一工夫すると良いでしょう。失われがちな潤いを補ってくれるような成分や低刺激ながら殺菌力の高いものを配合した入浴剤を使うと、やさしく肌をケアすることができます。

アトピーには酵素風呂

体

酵素入り入浴剤がおすすめ

アトピーに悩んでいらっしゃる方は、お風呂の入り方にも悩んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。アトピーの方は、皮膚の皮脂によるバリア機能が弱く、お風呂に入るとさらに皮脂が流れ、バリア機能が弱まってしまいます。そのため、お風呂にはいる際に大切なのは、保湿をしっかりして、バリア機能をできるだけ保つ努力をすることです。そのために保湿力の高い入浴剤を使うことをおすすめします。お風呂後の保湿も大切ですが、入浴中もできるだけバリアを流さないようにしましょう。保湿力を高める成分は色々とありますが、アトピーの方に特におすすめなのが、酵素入りの入浴剤です。アトピーに効くと今、評判の酵素風呂ってご存知ですか。酵素風呂とは、発酵させたおがくずや米ぬかなどの中に全身を埋めて入るお風呂のことです。酵素にじっくり浸かることにより、身体が温まり、血流が良くなることで、排毒効果や美肌効果が期待できます。それらの効果はアトピー肌に効果絶大だとか。でも、自宅近くに酵素風呂の施設がなかったり、1回が高額だったりすると、毎日は入れないですよね。そんな方は、安価で自宅で気軽に入れる酵素入りの入浴剤がおすすめです。身体がぽかぽかになり、お風呂に入った後のお肌のしっとり感が違います。ただ、添加物などが入っているものは逆効果になる恐れがあります。お肌の敏感なアトピーの方は、できるだけ天然素材からできていて添加物の入ってない入浴剤を使う方がよいでしょう。